楽するダイエット食品

正社員・バイトをお探しなら『Switch』でサイト比較

転職の心得B

心得B:黙って転職活動するべし

 転職を希望しているあなた!転職活動していることを他言せずに進めましょう。コソコソ動いているようで、心苦しい思いになることもあると思いますが、転職活動をしていることが上司や会社にバレてしまえば、強制解雇はなくとも、会社にいづらくなったり、上司や会社から「どうして転職活動をしているのだ?」と説明を求められることがあるかもしれません。
 その場合、精神的に過度な負担がかかり、転職活動に身が入らなくなってしまう恐れがあります。まずは、自分の転職を成功させることに注力し、退職の意思を伝えるまで黙って転職活動をしましょう。

 

転職を決心しているあなたに

「転職の心得B:黙って転職活動するべし」

をお伝えします。

人材紹介会社や応募先からバレかな・・・?

当然の不安です。特に看護師として今勤めている病院から別の病院に勤め先を変える場合は、どうしても不安に思ってしまうと思います。ですが、転職に関する情報は個人情報保護法で厳しく守られていますし、応募先の人事には守秘義務があるので、基本的には会社に公表されることはありません。
また、人材紹介会社はPマーク(個人情報保護の体制を整備している事業者を認定する制度)を取得している会社がほとんどなので、情報漏えいの心配も要らないでしょう。

 

立つ鳥跡を濁さず

転職活動中も心苦しい思いをすることがあると思いますが、一番心が揺るぎやすいのが「退職のタイミング」です。退職する旨を上司に伝えるとあの手この手で引きとめられてしまった・・・とはよく聞く話です。職場の状況的に「退職する時期を延期して欲しい」と言われるケースも多いようですが、転職時期を延ばした結果、せっかく見つけた転職先から断られたり、その流れで転職できず職場で「転職しようとした人」というレッテルを貼られたまま仕事をしなければならなくなるやもしれません。
あなたの会社・病院の就業規則をしっかり把握し、ルールに則った上で、情に流されないよう、退職の意思を伝えるときはキッパリ伝えましょう。

 

心身に過度な負担がかかりながら、長期勤務には限界があります。転職を考えたのであれば、その成功のために尽力していきましょう。

 

HOMEへ


ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 転職の心得@ 転職の心得A 転職の心得B PCスキルアップ メルマガ配信